読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

【今日の】Good&New創刊号【気づき】

新コーナーのGood&Newです!

Good&Newとは、

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、アメリカの教育学者であったピーター・クライン氏により開発された組織の活性化方法です。

例えば、学校や会社での朝礼時に、ここ24時間以内に自分に起こった出来事で、「楽しかったこと」「新しい発見」について、一人ずつみんなで発表していきます。

hypno.e-and-a.org

 という活性化方法です。このブログでも面白そうなので、組織ではなく私一人ですがやっていきたいと思います♪ Good&Newでは、1つの独立した記事にするほどではない

気づきや発見をオムニバス形式で上げていきたいと思います。

効果としては、

何せ、毎日発表しなければならないので、参加者は明日の発表のために、これから24時間以内に体験する出来事からネタをさがさなければなりません。

私達の日常は、学校・会社においては常に戦闘態勢の状態と言えるかもしれません。

そこへ、「いいこと」「新しい発見」という空白のスペースが脳の中に出来ます。

1.「脳は空白を嫌う」
2.「繰り返して行われる行動を脳は重要なものとして判断する」
という原則から、時間とともに、個人あるいは、組織の思考パターン・行動様式が変化する、といった具合でしょう。

らしいです。意識して、下らないことでも元ネタにしてどんどん記事にしていきたいと思います。Good&Newは毎日やるわけではなく、しっかり1つの内容について深めて書きたいときはその記事を書いてきたいと思います。

それでは、創刊号スタートです!

 

1.このtweetが正論すぎる!

今日、空き時間にTwitterを見ていて

少なくともリアルな社会では、いきなり「あなたの意見はおかしい!」とか言う前に、まずは自分で「ああいう意見になる背景はなんだろう?」と考え、真剣に考えてもわからなかったら「なんで、そういうふうに思ったの?」と聞いてみるべき。そうじゃないとリアル社会ではやってけないよ。

— ちきりん (@InsideCHIKIRIN) 2016年4月11日

 何というか、正論過ぎてぐうの音も出ません。確かに、「あなたの意見はおかしい!」とかいう人はリアル社会では当然やっていけないわけです。ネット社会(特に掲示板)においては、そういう残念な方は「荒らし」と認定され疎まれる運命にあります。ちきりんさんのTweetは、イデオロギーで私と異なる点もありますが思考の観点は鋭いです。

学校の『道徳』とかの授業より余程ためになりました、ご馳走さま!

 

◎ちきりんさんの過去のTweetを見て鋭い思考を確かめたい人

www.amazon.co.jp

 

◎ちきりん流思考の方法を身に付けたい方

www.amazon.co.jp

 

2.立体駐車場マークフェチなんです

私には色々趣味があり、ブログ執筆もある意味趣味なのですが

隠れた(?)趣味として立体駐車場のフロアのマークを見ること 

 があります。

例えば、

f:id:sasashi:20160411213813j:plain

 

これは前にあるショッピングセンターに行く機会があり、そこの立体駐車場

の1Fのマーク(ピアノ)を撮影したものです。こういったマークは、どこのフロアに駐車したかを覚えやすくする工夫なのでしょう。

このショッピングセンターの他のフロアでは、魚のマークや上層階ですと鳥や雲といういかにも上の階っぽいマークです。が、全フロア撮影できてないのでこのショッピングセンターの写真はここまでにします(笑)。

 

先日、別のショッピングセンターに行く機会がありました。そこで、立体駐車場のマークを撮影しました。

f:id:sasashi:20160411214506j:plain

f:id:sasashi:20160411214547j:plain

f:id:sasashi:20160411214645j:plain

f:id:sasashi:20160411214741j:plain

f:id:sasashi:20160411214831j:plain

全フロア撮影してまいりました。 一応、1F:みかん,2F:りんご

3F:もも,4F:パイナップル,5F:ぶどう のマークですが、知ったところで

限りなく実用性ゼロの内容です…

立体駐車場マークフェチは世界の人口約73億2062万人(2016年4月11日)で恐らく

私だけというニッチすぎる趣味なので、ズバリ本の依頼など来ないでしょう。

ちなみに立体駐車場マークフェチな私ですが、マイカーはありません♪ 

 

今回の、Good&New創刊号はここまでです。

 

ではでは~