読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

「スマホつまらない」の10代ギャルに必要なのは感動

朽木誠一郎さんが運営しているブログ「あまのじゃく日記」でリカさんという若い女性に取材しています。 その時の記事において、思ったことが有るのでメモします。

取材対象はリカさん(19歳・北陸出身)、上京して半年。職業はフリーター

 

――時間あるときはいつも何してる?

スマホ

――よく使うアプリは?

Twitter。フォローは芸能人やモデルと友だちだけ。情報はTwitterで十分(手に入る)。Facebookはやってない。Instagramはよさがあまりわからない。周りは使っている。

――LINEは?

当たり前すぎて言わなかった。使っている。ゲームもよくする。でもマンガとかは読まない。マンガは読むのが面倒。

――ニュースアプリは入れてる?

ニュースアプリは使っていない。て言うより、スマホで記事を読むのはしんどい。テレビでよくない?Twitterで流れてくれば読むかも。あとはYouTube

――YouTubeではどんな動画を?

音楽を聴いたり、YouTuberも観る。することがないからしてるだけで、本当は何でもいい。あとはアニメ。でも最近つまんない。スマホ自体つまんない。

――スマホしてない時間は何してる?

友だちと遊ぶ。とりあえず集まるだけ。喋ったりどこか行ったり。あとは家でテレビを観てる。

――何してるのが一番たのしい?

たのしいことがない。することがないからしているだけ。ぜんぶつまんない。

(一部略)

10代のギャルにはスマホはもうつまんないらしい - あまのじゃく日記

 というインタビュー内容です。

この記事の結論として、

感想はTwitterすげー、スナチャは若い世代がみんなやっているわけじゃないのか、ニュースはテレビでよくない?→そりゃそうだ!あたりかな。

ITとかウェブとかに関わる僕は、感度が高くないと死んじゃうと思い込んでるけど、流行り廃りを追いかけるのも本当は、することがないからかなって思いました。

 ということを述べているそうですが、私としては「ITがどうこう」というのは余計なお世話であり“上京”して“フリータ―”というところに着目しています。

個人的には、

たのしいことがない。することがないからしているだけ。ぜんぶつまんない。

 というのがこの取材で一番気になったところであり、「スマホ」がというより「スマホ」もつまんないというほうが正しいでしょう。

 

 

私が思い出したのは、ドラえもんの「思い出せ!あの日の感動」という話です。

この話は、

 今日も寝坊をしてしまったのび太は、「つくづくイヤになった…」となげき、学校へ行くのをやめると言い出す。退学届を書き出すのび太をあわてて止めるドラえもんだったが、なんと今日は日曜日だった…。
 しかし、それでも「明日から学校に行かない」と昼寝をはじめるのび太に、ドラえもんはあの手この手で遊ぼうと誘うが、のび太は裏山で昼寝すると言い出す。

引用 12月30日(火曜日)「おすそわけガム」「宇宙戦艦のび太を襲う」「思い出せ!あの日の感動」|ドラえもん

 というあらすじで、見かねたドラえもんが何でも初めての感動を受ける『ハジメテン』という薬を飲ませ静香の家に連れていきます。そこで、のび太は全てのことに感動しだす…という話です。つづきは、てんとうむしコミックス29巻に掲載されているのでそちらに委ねるとして。朽木さんが取材したギャルとこの話の『ハジメテン』を飲むまえののび太全てのことに楽しさを見出せないことにそっくりです。下手すれば、このギャルも裏山で昼寝すると言い出してもおかしくなさそうです。

 

因みに、こうなった理由は、

1.フリーター(大学や専門学校ということは触れられてなかった)

で仕事にやりがいを見出い&お金が無い?

2.北陸より上京ということで人間関係も薄い

⇒高卒かつITリテラシーが特に高そうでもないタイプ(スマホつまらない

と言う位のなので)であることから、地元でずっと生活している方が

幸せなタイプかも(≒マイルドヤンキータイプ?)

と捻くれた考察をしましたが、解決手段として

『ハジメテン』を処方し、なんでも感動できるようになればいいのにと思います

まあ、『ハジメテン』は2016年現在実用化されてないので、薬以外で

仕事だの人間関係だので『ハジメテン』の役割をするものに出会うことを

祈ります。

ps.追記するかも

 

ではでは~