読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

デマと熊本地震と地震学者

時事評論

無責任な地震学者

熊本地震に関して少し検索していたら、Yahoo知恵袋

地震学者必要ですか?
今回の熊本の地震を警告した人いますか?
別に当てられないのは分かるけど、東北の地震の後
南海トラフの危険ばかり言うから、九州無防備だったじゃないですか!
しかもさっきミヤネ屋で出てた地震学者とグッティに出てきた地震学者、
今日の0時の大きな地震、ミヤネ屋の地震学者は余震といい、
グッティの地震学者は、余震ではなく全く違う地震と言っていた。
学者によって全く見方が違うなんて、もはや学問としての体をなしてない。地震学者なんてテレビで偉そうに解説する資格なしだと思いますが?

地震学者必要ですか?今回の熊本の地震を警告した人いますか?別に当てられ... - Yahoo!知恵袋

という質問がありました。勿論、この質問自体は私も全く同感で

 

sasashi0526.hateblo.jp

において『4/14の地震が余震で今日(4/16)未明の地震が本震であることを予測できなかったのに、「この断層では地震は起きないだろう」とは無責任である』

と書きました。

地震は起きないだろう」という地震学者は、もう地震が起きないとか被災者の前で言ったらどんな気持ちになるか、否今回地震の被害にあってない人でもどう思われるか

考えた方がいいんじゃないの?

そう言えば、東日本大震災でも原子力の学者(政治家も言っていましたが、流石に原発が専門でない人を責めるのもあれなので略)が「直ちに影響はない」とか無責任に言っていましたね。こういう方は、他人への共感度が低いと言いたくなります。

 その一方、チェルノブイリ原発事故に関する統計資料等を持ち出し「福島県民は避難するべきですね」とか「統計的には避難の必要はないですね」とか言い放つ無責任さが勘に触ります。そこには避難生活をする人々に寄り添う気持ちが全くありません。

 知能指数が高い人は、得てして他者への共感度が低いことがあります。クールで鋭い思考を支えるのは、低体温のハートというわけです。

文筆劇場・ジョン・スミスへの手紙/鋭い思考、冷たい心臓

閲覧:2016年4月16日(2011.4.19)  山田宏哉記

地震学者もそうですが、こういった学者先生方は「低体温のハート」じゃないの?

と思えてきます。

 熊本地震、デマはびこる

で、学者先生が無責任なことばかり言っているせいか、

 最大震度7を記録した熊本の地震が発生した14日夜、「ライオンが逃亡した」「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などの悪質なデマが短文投稿サイト「ツイッター」に投稿され、拡散した。

【熊本震度7】デマツイートにご注意を!「ライオンが逃亡」…ご丁寧にニセ写真付き 「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」など悪質(1/2ページ) - 産経ニュース

発行 2016.4.15 12:19 http://www.sankei.com/affairs/news/160415/afr1604150040-n1.html

みたいにデマが流れるのです。

当然、デマは許されるものではありません

というよりも、本来はいわれのないデマを抑えるために科学的に説明していくのが

災害時の「学者」の役割ではないのでしょうか?(平常時なら研究と科学の楽しさの啓蒙と教育ですが)

「この断層では地震は起きないだろう」というのは科学的ではなく単なる願望を流しているにすぎませんので、地震学者と一般人においては楽観的なデマか悲観的なデマであるかの差で50歩100歩です。私は、高校時代に旧帝大の理学部地球科学分野に進もうと思いましたがこんな非科学的な学者が跋扈する分野に進まなくて良かったかもしれませんと言いたくなりそうなくらい無責任です

「この断層では地震は起きないだろう」という無責任な地震学者(だけでも無い気もしますが)に「デマはやめろ」という資格はないと思います

 

 

 悲観的な予測の方がマシ

追記:現代ビジネスの2016年4月16日の記事で、厳しいながらも誠実な

記事がありましたので紹介したいと思います。

4月14日21時26分に北緯32.7度、東経130.8度深さ11kmを震源とした、震度7、M6.5の地震熊本県で発生した。いわゆる内陸直下型地震であり、2004年に起きた中越地震同様に多くの余震が続いている。

この地震は、非常に「いやな位置」で発生した地震である。というのも、この震源阿蘇山のすぐふもとを走る布田川断層であると考えられるからだ。阿蘇山というのは、長野、静岡、愛知、和歌山から四国を突き抜け、九州に至る巨大な断層の集中帯の上にある。

このことを考慮すると、最悪の場合、長野や静岡、四国、九州で、今回と同じような内陸直下地震が立て続けに起こる可能性があるのだ。そして、その先には、南海トラフの巨大地震が控えている。

イメージとして、今回の熊本の地震は、2011年3月11日に起こった東北地方・太平洋沖地震東日本大震災)に先立って発生した、岩手・宮城内陸地震(08年)と類似していると考えていただきたい。

gendai.ismedia.jp

 この記事を書いたのは、高橋学(立命館大学 歴史都市防災研究所 環太平洋文明研究センター教授)という学者で環境史・土地開発史・災害史に基づき、災害予測や都市計画を検討する研究をしています。

熊本地震の報道で持ち切りのこんな日に、次の地震のことを考えろという悲観的な予測はのはどうなのかいう気もします。ですが、無責任に「ここの断層は大丈夫」だの楽観的過ぎる発言する学者よりは余程良心的です。そして、私のように直接は熊本地震の被害に遭わなかった人がすべき事は、熊本地震の被害に遭ったかたを「かわいそう」だということやデマを流すことではなく、熊本地震の次の地震(南海トラフ地震や首都圏直下型地震も含め)に備えることです

↓普段通り生活して経済活動を混乱させないこともそうですね

◎熊本地震被災者にルールとマナーに乗っ取って支援するのはありです

↓ と言いましたが

 下手に支援するとかえって迷惑なので、通常通り経済活動するのが

1番かもしれません

 全国社会福祉協議会(全社協)は16日、同日未明に発生した地震の影響で家屋倒壊など新たな被害が出ていることから、現時点でのボランティア活動は控えるよう呼びかけた。熊本市社会福祉協議会も、災害ボランティアセンターを16日に開設予定だったが、延期した。
社協は「現地では倒壊した家屋に取り残された住民の人命救助が行われており、緊急支援車両の道路確保が重要となっている」と強調。「ご自身の身の安全や被災地の救命活動を最優先にお考えいただき、現時点でのボランティア活動は控えていただくことを、強くお勧めします」と呼びかけた。

熊本地震 「災害ボランティア控えて」全社協が呼びかけ 新たな被害を警戒 (産経新聞) - Yahoo!ニュース 2016年4月16日20時46分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000582-san-soci

 

 私も、熊本地震で被害に直接遭ってないのでこんな記事を書けるのであり

遠くに引っ越さない限り南海トラフが来たら恐らくブログどころか生存で手一杯

なんで戒めとして書きました。

 

ではでは。