読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

「ラブライブ!サンシャイン!!」~沼津が舞台という訳で「Wake Up, Girls!」を見習おう~

ラブライブ!サンシャイン!!」のアニメ版放映があと2週間を切ってしまいました。正直シナリオ的な不安要素が大きすぎる点も感じます。脚本家の力量以前(花田氏は「響け!ユーフォニアム」は十分良作であったと感じます)に設定的な縛りが強すぎて、ご都合主義に陥る可能性が十分あります。

一方アニメ以外で不安要素なのは、ラブライブ!サンシャイン!!プロジェクトでの『地方創生』はできるかという点です。以前は、運営が地方創生を考えているのではないのかと思ったこともありましたがユニット1st single のドラマパートでどのユニットも真面目にアルバイトをしていませんでした。そして最終的にクビになったことで、逆にネガティブキャンペーンを繰り広げているのではないかと思うようになりました。

◎運営が地方創生を考えていると思っていた記事

sasashi0526.hateblo.jp

 

これでは、地方などダメなので東京一極集中しましょうという運営の陰謀かと勘繰りたくもなります。それとも、運営は何も考えてないのかと思いたくなります。

 

そう思っていたら本日良い動画を見つけました。

ラブライブ!サンシャイン!!」プロジェクトにおいて、地域おこしをするためのヒントが詰まっていると思ったためです。

Wake Up, Girls!の宮城PRやらせてください!

www.youtube.com

 うぇいくあっぷがーるZOO! 宮城PRでGO!

www.youtube.com

 

前者の動画は、東北地方を舞台としたアイドルアニメ「Wake Up, Girls!」のメンバーが舞台となる宮城県の観光名所を訪問したという態のPRアニメです。後者は、Wake Up, Girls!」のメンバーがそれぞれイメージの猛獣類のミニアニマル化してドタバタ劇を繰り広げるショートアニメです。動画の内容は、やはり宮城県の観光名所を訪問したという態のPRアニメです。ただし良い意味で、前者よりオチが酷いことになっています。どちらも10分もないアニメですので、「Wake Up, Girls!」アンチでなければ見て損はないと思います。

ちなみに、Wake Up, Girls!」の公式サイトは

wug-portal.jp

うぇいくあっぷがーるZOO!の公式サイトはこちらから

wug-zoo.jp

Wake Up, Girls!」から「ラブライブ!サンシャイン!!」が見習う点が幾つかあると思います

1.宮城県特に仙台のアイドルであることが強調され物語の主題にも関わる

2.中の人も舞台である仙台出身者がいること

あたりは見習うべきかと思います。中の人は既に決めてしまったのでこのまま行くしかないですが、沼津ということでピンポイントすぎるので難しい気もします。中の人を運営は重視する割に(私は中の人は、別に中堅クラスでも構いませんが)もったいない気もします。

 

とりあえず、運営はいきなり1クール(以上)アニメ化に踏み切るよりもAqoursでもこういうPRアニメを先に見てみたい気持ちにはなります。30分アニメより、PRのショートアニメならばアンチも付きにくいでしょうし。本来なら沼津の観光名所をアップして、こんな動画作るといいよみたいな記事を書きたいところです。しかし、沼津住民でもないですしネットで調べただけですと浅くなりそうなので断念します。とりあえず、この記事を読んでくれた人で沼津住民or沼津に観光に行った方がいることを願います。

 

(1441字)