読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

好きでないことを仕事にする人たち

皆さんは好きなことを仕事にできているでしょうか? 

好きなことを仕事にしろという論調は若い世代を中心にもはや普通の意見として取り上げられております。

そのような意見を述べている方として

有名ブロガーのイケダハヤト氏や

www.ikedahayato.com

同じく有名ブロガーの八木仁平氏

www.jimpei.net

 

その他にも多くの方が「好きなことを仕事にしろ」と語っています。

 

では、彼らがなぜ好きなことを仕事にしろ」という主張をするか。

その理由は次のようなものに要約されると思われます

これからは機械やAIが普及するから、いやいややっているような仕事は

Alに奪われるぞ! Alたちが面倒な仕事をやってしまうから、遊びを仕事にしろ!

 

一般人にも有名な方では、堀江貴文氏も以下のように語っています

AIや技術の発達により、いままで人間がやっていた労働を機械やロボットが肩代わりしてくれる時代は必ずやってくる。人間が手をかけなくても ロボットが農作物を生産してくれる、そんな日も決して遠くない。ロボットが社会全体の富を自動的に作り出し、個人に利益をもたらしてくれる。そして、僕たちは働かなくても食べていけるようになる。単純作業のような仕事はなくなっていき、人間にしかできない仕事の比率が高まっていく。だから、人間は空いた時間で好きなことが出来るようになる。これが僕の考えだ。 「99%の会社はいらない」堀江貴文著 p98- 99

 

好きなことを仕事にできない人たち 

しかし、社会人の中で「好きなことを仕事にする」ということを達成できている人は決して多くありません。好きなことを仕事にできない人たち の方が多数派です。

そもそも皆が「好きなことを仕事にする」のが出来ているなら、わざわざ「好きなことを仕事にする」べきである等と語る必要はありません。

 

現実には長時間薄給で興味もない仕事に毎朝向かっている方も多い事でしょう。生きるためにはお金が必要であるからで働かずにお金は貰えないからです。だからこそブラック企業という問題も生まれてくるのです。

そういう方は仕事に対してこのようなスタンスを取っているかと思われます

■仕事は楽しいか?

たまに、会話の中で「仕事は楽しいか?」と聞かれることがある。私はいつもその質問が来ると閉口してしまう。
仕事を、楽しいか楽しくないかなんてレベルで考えたことがないからだ。
楽しかろうが、楽しくなかろうが、仕事は仕事だ。どんなにつまらない仕事でもつらい仕事でも、誠実に向き合って行くしかない。
もっと言ってしまうならば、基本的に仕事は楽しくないものだと思う。しかし、仕事ができる人というのは仕事を「楽しそうに」やっている。

「仕事は楽しいか?」は愚問である。なぜブロガーは会社を辞めさせたがるのか? - さようなら、憂鬱な木曜日

 よく言われる「石の上にも三年」という言葉も上の『楽しかろうが、楽しくなかろうが、仕事は仕事だ。』という思想が元になっております。この楽しかろうが、楽しくなかろうが、仕事は仕事だ。』という思想ですが、前者の仕事を楽しんでいる人は少数派です。あるブログの記事でこのような内容のことが書かれていました。

私は、今のところ、「仕事が好き」だと言って働いている同世代に会ったことがない。みんな、ずっと、できることなら「辞めたい」、と言いながら仕事を続けている。もっと上の世代でも同じだ。

私が今までに出会った会社員で、「仕事が好き」で「やりがいがある」なんて言うのは、就活のときの人事と、辞める人間を引き留めるときの役員くらいだ。

ブラック企業で鬱状態を乗り越えて『生きる意味』を真剣に考えた【新卒2年で会社を辞めた話 6】

就活の時に人事が「仕事が好き」で「やりがいがある」なんて言うのも、ぶっちゃけ建前では?と突っ込みたくなります。まあ、私から見てもほとんどの会社員はみんな「辞めたい」と思いながら仕事を続けているのは間違いではないでしょう。私自身「好きなことを仕事にしない」という選択肢を取ってしまったばかりに仕事を止めることになったこともあります。

中には、仕事が嫌なので仕事を続ける理由である「お金」をためて早期リタイアを目指す会社員もいます。

◎Time is money キムのお金日記 37才までのセミリタイアを目指しているそうです

自炊記事がお気に入りです。

kimyonggyu.blog.fc2.com

◎2022年に早期リタイアを目指すヘボリーマンの日記

2022年10月31日付で退職のアラフォーエンジニアで、仕事の嫌いさっぷりがブログに現れており見習いたいです

heboriiman.com

ただ仕事を辞めたいと愚痴を言うだけでなく、それを打破するために行動に移しているのには賛同したいです。

「好きなことを仕事に」論者≠会社員

「好きなことを仕事にしよう」と主張している人は会社員ではありません。

イケダハヤト氏や八木仁平氏はプロブロガーという自営業者ですし、堀江氏も経営者からキャリアをスタートさせ今は肩書の説明が難しいくらい沢山の仕事を手掛けています。そして「好きなことを仕事にしよう」論者は、セミリタイアという考えにも否定的です。

一生遊ぶの?飽きません?

冒頭の生活に憧れない理由は、遊ぶだけの生活はヒマだからです。仕事しないで、リゾート地で遊ぶだけの生活って飽きますよ、絶対。

だって、大学生の時とかそうだったじゃないですか。時間はめちゃくちゃあるのに、みんな「退屈だ」とか「ヒマだ」って言って満ち足りてなかったですよね。

僕もそういう人間で、学校に行かず、バイトもしない時期があったんですが、本当につまらなかったんですよ。逆に、学校に行きつつ、ほぼ毎日バイトして月に数十万円稼いだ時期があって、そっちの方が充実感があったんですよね。

そんな生活を送って感じたのは、ヒマよりもそこそこ忙しい方が充実感を得られるということです。

「年収一億っす!セミリタイアして遊んでます!」な生活に全く憧れない理由 | らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

 私も正直大学生時代の夏休みは特に予定が無くヒマでしたが本当に後悔しています。 せめてブログをそのころから開設し、そのネタ作りのためにアルバイト等すれば良かったと思います。

このように、「好きなことを仕事にしよう」という論調に賛同するか否かは会社員かそれ以外かといっても良いでしょう。

 

 

「好きなことを仕事にしろ」論者も語っている通り、好きなことを仕事にできないのには弊害があります。しかし、その弊害は個人差があります。場合によっては好きなことを仕事にできないばかりに職場から追放される場合もあります。ここら辺については次回の記事で語っていきます。

(2758字)