読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

ノンアルコールビールではビールの風味は味わえません

ノンアルコールビールを皆さんご存知ですか?

「アルコール0でビールを楽しめるんじゃないの」と思っている方も多いでしょう。

その見解にNoを突き付けたいと思います。はっきり言って、ノンアルコールビールではビールの風味は味わえません」。これが本記事の結論です。こんなに結論至ったのは、ある飲み会での経緯があります。

 

先日とある研修の打ち上げ(研修については後日記事を書きます)で飲み会があったときのことです。私の隣の人がノンアルコールビールを頼んでいたのを見て、物の試しにノンアルコールールを飲んでみることにしました。

なぜノンアルコールビールを頼んだのか? それは、ノンアルコールビールを頼んだ隣人にビールとの違いを聞いたところ「ビールの味がするだけ」という返答が来たので自身でも試しに飲んでみようと思いました。

 

今回飲んだノンアルコールビールはこちらです。

f:id:sasashi:20160910001748j:plain

 見てくれはビールそっくりで、流石ノンアルコールビールと名乗るだけはあると思っていました。

 

ですが、ジョッキに注いだ瞬間「ビールと違う」と感じました。

f:id:sasashi:20160910003237j:plain

何かビールに比べて色が薄いな~ということを思いました。チェーン居酒屋で飲んでおり普通のビールはジョッキで運ばれていることので、ビールが薄まっている可能性もあります。それに比べてもノンアルコールビールは色が薄いです。缶からそのまま注いだだけにも関わらずです。

 

それで、ノンアルコールビールを飲んでみたのです。これが、隣人の忠告通り「ビールの味がするだけ」のまずい飲み物でした。

その理由は以下の3つす。

1.苦みがない

2.炭酸は入っているがビールの炭酸と違い心地よい炭酸ではない

3.水っぽい

1.苦みがない

 私はビールが正直苦手で、最初の一杯以外はなるたけ避けます。苦手な最大の要因は、ビールのあの苦みです。とはいえ、最近は苦みを感じるもののそれがビールの魅力であると感じる私がいます。

その見解は私に限らないようで、

今回は、社会人のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q. あなたはビールは好きですか?
はい......208人(43.1%)
いいえ......275人(56.9%)

どうやら若干ビール好きではない人のほうが多いようですね。では、ビール好きの人は、最初にビールを飲んだときからおいしいと思えたのでしょうか?

■ビール好きは最初に飲んだときからビールをおいしいと思っていた?
はい......64人(30.8%)
いいえ......144人(69.2%)

約7割の回答者が最初のビールはおいしくなかったと回答。さてその理由は?

■最初はビールをおいしいと思わなかった派の意見
「苦いだけで良さがわからなかった」(女性/24歳/医薬品・化粧品)
・「苦いし、独特の風味だし、飲みにくかったから」(男性/30歳/その他)
「若いころは苦いだけだった」(男性/30歳/金融・証券)

これはもうほぼ全員が一致。とにかく「苦い」の一言のようです。ですが、そんなビールを好きになった理由とは?

ビール好きの7割が「最初はおいしくなかった」 その理由は? - ライブドアニュース

最初はビールが美味しいと感じられない理由としては、「苦い」という理由に尽きるようです。今回のノンアルコールビールでは「苦み」は無かったのですが、それが逆に物足りなく感じました。

 ■どうしてビールが好きになったのですか? 理由やきっかけを教えてください。
・「仕事で疲れた時にビールを飲んだら爽やかに感じたから」(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁)
・「各種飲んでいるうちに、苦みのないものを見つけ、それ以来どのメーカーのものも飲めるようになった」(男性/39歳/その他)
・「大人になって味覚が変わったのか、苦味がおいしいと思えるようになった」(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学)

ビール好きの7割が「最初はおいしくなかった」 その理由は? - ライブドアニュース

「 苦味がおいしいと思えるようになった」という意見に同意です。苦くなければ飲めるのにと数年前は思っていましたが、どうやら「苦み」がないと不味いという体になったようです。

2.炭酸は入っているがビールの炭酸と違い心地よい炭酸ではない

 ノンアルコールビールにもビール同様に炭酸は入っております。ただ、ビールの炭酸と違い心地よい炭酸ではありませんでした。生理現象で言いますと、ビールの炭酸はゲップが出る感じですがノンアルコールビールではゲップが出るまでいかない感じです。

その理由は炭酸の入り方に違いがあるからです。

ビールは、製造工程で生まれた炭酸ガスをそのまま取り込んでいます。 ビールを製造するには麦汁というものを作り、酵母を加えて発酵させるのですが、このときに麦汁の糖分がアルコールと炭酸ガスに分解されます。

(中略)

一方清涼飲料の炭酸は、主に化学的に発生させた炭酸ガスを使います。 飲料の液体をぎりぎりまで冷たくして、そこに圧力をかけて炭酸ガスを押し込み、溶け込ませているのです。

サントリー なるほどコール 赤坂5丁目分室

 つまり清涼飲料の炭酸は人工的に発生させているということであり、ノンアルコールビールもアルコールが含まれないので麦汁の糖分がアルコールと炭酸ガスに分離させる手法は使えません。なんとなく、心地の良い炭酸の感じで無かったのは人工的だったからでしょうか。

3.水っぽい

本当に水っぽかったです。どのくらいかと言うと、食べ物で味を舌に染み付けないとノンアルコールビールを飲めないレベルです。苦みが無いと言うことと関連する簿でしょうが。

 

というわけで、「アルコール入ってない上ビールの風味を味わえるし」とノンアルコールビールって最高じゃんと思って購入しようとする方に忠告します。

ノンアルコールビールではビールの風味は味わえません

 

 (2379字)