読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

ライブ体験をありがたがっていませんか?~「ウシジマくんvsホリエモン人生は金じゃない」感想~

「ウシジマくんvsホリエモン人生は金じゃない」皆さんは読みましたか?

漫画「ウシジマくん」がホリエモンこと堀江貴文氏が金儲け,人間関係などの人生論を語っていく一冊です。

f:id:sasashi:20160914004124j:plain

中身は今までのホリエモンが刊行した近著である「本音で生きる」「99%の会社はいらない」と被っている点も多く、それをウシジマくんという物を題材にして手に変え品に変えて語っているということであります。言い換えれば、堀江さんの伝えたいメッセージは一貫しているということでもあります(本人は諸行無常を真理としていますが)。

 

 

賢い人はこの本を買う必要は有りません

なので、一度書店で表紙および目次を立ち読みして「またホリエモン前の本と同じこと言ってる」「こんな当たり前のこと言ってるだけで良く本出せるな」とか思う人は買わなくてもいいでしょう。

別にホリエモンの営業妨害ではありません。「本音で生きる」という本の前書きでは、ホリエモン自身が「別に目新しいことを言っていない」とはっきり述べています。

本書では、あなたがもっと簡単にジャンプできるような話をしたつもりだ。それもいたって当たり前のことがほとんどだ。僕は、いつも誰でもできることしか話さない。しかし、たいていの場合、それをやるかどうかで、その後の結果が変わってくる。バンジージャンプのひもは渡す。その後、飛ぶかどうかはあなた次第だ。本書を読んで自分にとって必要なことに気づいたら、きっともう本はいらなくなる。それが、この本の望む到達点だ。このそして僕も、もう二度とこういう本は書かないと思う

「本音で生きる」堀江貴文著 p6-7

 青字部の部分は全くその通りとしか言いようのない部分です。ですが、オリコン2016年上半期“本"ランキング、「新書部門」1位!という位に売れたこの本をきちんと読んだ人さえ堀江氏の望んだ「自分にとって必要なことに気づけたか」に到達できたかというと残念ながらNoでしょう。

かくいう私も「自分にとって必要なことに気づけたか」というレベルに到達できているか怪しいので、本書『ウシジマくんvsホリエモン人生は金じゃない』を購入しました(ブログのネタ作りの動機ももちろんですが・・)。

 

本質よりライブ体験をありがたがる薄っぺらさ~独学のススメ~

中身については「世間を気にするな」「リスクを取れ、安定するな」等いつものホリエモン節全開です。それをウシジマくんを題材にして人生論を語っていきます。ウシジマくん未読の私でも楽しく読むことが出来ました。

 

その中で、気になった部分がコチラです

意識的に距離を取っているけれど、いろんなルートを使って、彼らはいまだに私をセミナーの講師や、顧客を集めた講演会のゲストに呼んでくる。そもそも、講演会で「私の話を聞きたい」というスタンス自体、おかしい。私の考えや思想を知りたいというなら、私の著作やメルマガを読めばいい。講演会で話す内容は、ぜんぶ同じだ。本に書いてあることを、いちいち聞きに来る必要はないだろう。本を読んだ方が、講演会までの交通費より安上がりなはずだ。それでも堀江貴文を呼びたい彼らは、ライブ体験を期待しているだけだ。生の姿が見られた、声を聞けた、講演会後に握手できた、写真を撮れた・・・など。私と直接触れ合える、わずかな可能性に高い価値を感じているのだ。

「ウシジマくんvsホリエモン人生は金じゃない」p57-58

 青字部の通りで、ホリエモンの考え・思想を知りたければ近所の本屋でホリエモン著作を買えば済む話です。というか、著作でさえ1~2冊買えば基本的なスタンスはわかるのですが・・(が、すでに3冊買っている)

それをわざわざ同じことをお金を払ってライブで聞きに行く人は2種類しかいません。

ア.ホリエモン著作を読んでもスタンスすら理解できない情報弱者

イ.ライブ体験をありがたがる「ホリエモン教」信者

堀江氏は主にイの人たちを「新興宗教に洗脳された信者」と書きました。とはいえ、イの層は若者が多く意識高い系であります。それ以外でホリエモンの講演会に参加するのは、ワイドショーや低俗バラエティで喜びそうなミーハーな情報弱者でしょうか。アの情報弱者ホリエモン≒タレントにしか思っていないミーハー層なのでホリエモン著作もタレント本としか思ってないでしょうか。

堀江氏はこのように講演会等をありがたがる層について、本質などどうでもよいライブ体験が欲しいだけで“薄っぺらい”と断じています。

↓就活の下らなさと共にわざわざ講演会に行く不必要性がよくわかるまとめです。

togetter.com

 

これは、堀江貴文の講演会を聞きたい連中に限りません。

 

わざわざ大金を払って、予備校に通って講師の授業をライブで見ようとするおバカさんたち。そして、受験勉強の末大学に通い教科書を読めば分かることを聞くために私立文系で毎年100万と4年間を浪費するおバカさん。

まあ、どちらも自分のことですが・・・

 

予備校クラスの授業を聞きたければ『スタディサプリ』がありますし、受験勉強の範囲の勉強をするだけなら本屋で参考書および問題集を購入すればよいだけです。

studysapuri.jp

大学の勉強も同じで、少し大きい本屋に行けば経済学,法学,物理学等といった分野の専門書が幾らでもあります。

名古屋近辺なら専門書についてこちらでお買い求めできます

sasashi0526.hateblo.jp

 また大学の講義も動画で公開が進みつつありますので、年間100万円払ってブラックアルバイトに追われてまで専門性と教養を身に付けるという意味で大学に行く意味はありません。

www.asuka-academy.com

授業の意味合いってこれくらいですよね・・ それさえも、自宅からSkypeでやればいい話ですし。

 

予備校のカリスマ講師の授業や大学の講義をわざわざ現地で聞こうとする人たちに聞きます。

あなたたち、

ライブ体験をありがたがっていませんか?

 

 そういう方は、「ウシジマくんvsホリエモン人生は金じゃない」を購入しましょう。

で、特にp56-59を穴が空くまで読みましょう。それ以外の部分も非常に当たり前のことながら、参考になるでしょう。1300円+消費税&本屋に行く時間は必要ですがライブ授業をありがたがって、浪費するお金と時間に比べて安いものです。

もちろん「またホリエモン前の本と同じこと言ってる」「こんな当たり前のこと言ってるだけで良く本出せるな」と思える賢い少数派以外の方も購入して損はありません。

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!
 

 

 

(2854字)