読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

『響け!ユーフォニアム2』第2話「とまどいフルート」感想記事

サブカルチャー

アニメ『響け!ユーフォニアム2』2話の感想について書き連ねていきます。当然のごとくネタバレになっていますので、未視聴の方はお気を付け下さい。3話が当の昔に放映済みですが、2話から書いていきたいと思います。

 

シーンで振り返る2話

1.前半パート(プール)

f:id:sasashi:20161023002407p:plain

お盆休みということで、緑輝よりプールに誘われる久美子です。という訳で、今回は水着回です。

f:id:sasashi:20161023002603p:plain 

f:id:sasashi:20161023002643p:plain

f:id:sasashi:20161023002710p:plain

麗奈とその他3人の胸囲格差(葉月の水着姿はありませんが)を象徴しているシーンですね。久美子はともかく緑輝の水着姿はとても高校生には見えません。

f:id:sasashi:20161023003004p:plain

f:id:sasashi:20161023003021p:plain

他学年の生徒も、貴重なお休みということでプールに遊びに来ている模様です。しかしながら、3年生は、部活で勉強できない中休みもプールで受験大丈夫なのでしょうか? 原作では、大半が推薦とか専門学校だったので問題ない気もしますが・・・

f:id:sasashi:20161023003656p:plain

前話で初登場した傘木希美の姿を見かけた久美子は、希美を追いかけます。その後、希美に部活の復帰にあすかの許可が必要な理由を聞きますが・・・

f:id:sasashi:20161023204214p:plain

f:id:sasashi:20161023204233p:plain

やる気の無い3年生と衝突したのが原因で退部届を提出した当時の希美を「ばっかみたい」と一蹴したあすかです。という「やる気の無い3年生は来年は居なくなるのにそれまで待てないのか」というあすかの言葉に「待てません」と答えた希美です。引き留めようとしていたというあすかの真意に今更ながら気づくも時すでに遅しです。

希美は、たとえ一緒に演奏できなくとも「あすか先輩の力になりたい」ということですが、今復帰されても力になれることがあるのか疑問です。まさか技術面でも無いでしょうし、精神面とかでしょうか。それならば、別に部に復帰しなくても外部から手助けするとかできそうですし「この部にプラスにならない」というあすかの言い分の方が正しそうに思えるのは私だけですかね・・

f:id:sasashi:20161023214307p:plain

f:id:sasashi:20161023214338p:plain

みぞれや優子が退部しなかった理由,希美が復帰したい理由などをどんどん聞き出す久美子です。2期久美子はコーディネーター的なポジションが強いですね。最も、昨年のオーデイション辺りからコーディネーター的な立ち位置と化していますが。久美子が主体的に自分のことで動いたのは12話位しかないですね。

希美があすかが復帰を認めない理由が分からないと涙を流しますが、軽率な行動に怒っているだけとも思えます。まあ、あすかが希美の復帰を認めない理由は原作既読なので分かりますが改変されている可能性もあり得ますので。

f:id:sasashi:20161023215614p:plain

そんなことも知らない待ちぼうけの3人です。

 

2.後半パート(合宿)

f:id:sasashi:20161023215801p:plain

f:id:sasashi:20161023215830p:plain

木管楽器専門の新山先生が登場し、滝と付き合っていると思いこんだ麗奈の死んだ魚の目です。ここら辺も新たな物語の火種になりそうな予感です・・・

これで滝先生が新山先生と付き合っていたら、麗奈はどうするのか見ものです。これで希美みたいに退部したら、1話の花火で希美を「逃げた」と責める権利は無くなりますがね。

f:id:sasashi:20161023221128p:plain

 カレーをこぼす麗奈ですが、大丈夫でしょうか? 新山先生と滝が付き合っているという展開になって、退部したら・・・(略) 間違いなく、久美子が軽蔑しますね。

f:id:sasashi:20161023221559p:plain

f:id:sasashi:20161023221640p:plain

f:id:sasashi:20161023221701p:plain

 ユーフォ屈指のいい人代表、中川夏紀です。彼女が希美と電話で話しているシーンを偶然見てしまった久美子は夏紀に手招きで招かれます。そして、夏紀が自分が高校から部活に入った理由や希美が先輩と衝突した経緯などを語ります。

f:id:sasashi:20161023224336p:plain

ここで、夏紀が上級生に向かって『性格ブス』発言を行います。かなり問題発言で、久美子も「言ったんですか!」と驚いた様子です。因みに夏紀と久美子のこの一連の会話は、原作小説でも同じような会話ですがアニメと違って合宿終了後となっています。

ちなみに原作小説で1日目の夏紀と久美子の会話に該当する時間帯には、プールでの優子と夏紀のTシャツの言葉での喧嘩シーンです。ここら辺は、小ネタ的な記事で言及します。

 

 

f:id:sasashi:20161023224857p:plain

久美子がバレエ音楽《ダフニスとクロエ》第二組曲を聞いていたせいで リズムゲームのペースを乱された鎧塚みぞれは、久美子を呼び「コンクールについてどう思うか」聞いてきます。みぞれは、沢山の人が苦しむ「審査員の好みで決まるコンクール」など無ければいいと言いますが・・・

それどころか、部活を続けている理由すら「分からない」と答えます。

↓この大会をまだ引きずっているのでしょうか・・・ 

f:id:sasashi:20161023225631p:plain

関西に出たこともある南中が銀だとはっきりいって完敗なのでコンクールが嫌いになるのも理解はできるのですがね。銀どころかダメ金でも悔しい人も劇中にはいましたから(中3久美子がそこで不用意な発言をしてしまわなければ、この物語は1話で吹奏楽部に入部せず終了でした)。

 

f:id:sasashi:20161023230723p:plain

寝室に戻った久美子は、「滝先生が新山先生と付き合っているのでは?」という疑念を持ったままの麗奈に内面も外見も「大人っぽい」から大丈夫だと励ます久美子です。個人的には、麗奈は外見はまだしも内面に関しては久美子より幼いと思うのですが・・・やっぱり、ソロオーデイションでの1連の言動は(優子もですが)ヒステリックすぎるなぁと思います。まあ、あれから成長したのは1期12話や1話でのパートの先輩のあしらい方などで分かるのですが。

f:id:sasashi:20161023231252p:plain

希美の復帰を認めない理由を聞こうと試みるところで2話は終了です。

 

まとめ

放映から大分たっての感想記事ですが、1期よりも原作シーンを映像化してなぞっている印象が強いです。言い換えるとアニメオリジナル展開が少ないということですが、原作2巻分を1クールでやる制約上、進学校の授業ではないですがスピードを速めていく必要が有るということでしょうか。とはいえ、アニメオリジナル展開やシーンごとの順番の入れ替えもありますのでそれらの考察も時間が有れば行っていきたいと思います。

 

他にも記事を書いたりせねばなりませんが・・・

 

(2344字)