読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

「別れました」という感情は『理解できない感情』です

社会派としての主張

笹史(@sasashi1992)です。毎日更新(略)。

 

今日は、私の理解できない感情について語っていきたいと思います。

 

別れるという感情が理解できない

f:id:sasashi:20161108230616j:plain

 というツイートを、次のようにイケダハヤトさんが話題にしており

 面白そうかなと思い、アカウントを辿ってみることにすると

twitter.com

 

このアカウントの目的は、「別れましたツイートをリツイートし、集計し続けるアカウント」らしいです。ただ、見た限りは男女間だけの「別れました」ツイートだけで、男性同士および女性同士のカップルの「別れましたツイート」はありませんでした。

 

私はこれらのツイートを興味深く眺めていましたが、何やら理解できない感情に襲われたのです。

そう、『別れました』という感情が私には理解できないのですよ。理由?

まさか、私がサイコパスとかそういう訳ではございません。

私が、今まで女性・男性問わず付き合ったことが無いためです。

今までの恋愛遍歴を超簡単に公開すると

幼稚園:さすがに特になし

小学生:2人を同時に好きになるような不届きモノでした。

が、特に行動を起こすことは無かったです。

中学生:中学ではバスケ部に入り、女子と合同で練習することも有りました。そのせいか、女子の1つ上の部長にストーカー未遂(といっても男子部員と一緒に帰り道を付いていっただけ)を起こす。因みにのちに本人に判明するも、怒られたというより「顔が近い」事を指摘されましたとさ。

高校:クラスの女子→あいさつ程度 加えて理系クラスに進むと女子が減る一方なので、ますますこの傾向に拍車がかかる。部活も、生物部に入ったが男ばかり(略)

かと言って女性がいても、

ryota0622.hatenablog.com

みたいなことになっていたでしょうが。

大学:放送部で司会してました。周囲で付き合っている人もいたものの親の目とか気にして付き合う気にもなれず4年間終了。研究室も同じでした。

無職のせいもあるのかないのか、親の目を気にするのは今現在も変わらないですね。

社会人:最初の3ヶ月は、

sasashi0526.hateblo.jp

 その後は、無職→CADオペレーター→無職から目指せ再就職

で現在に至ります。無職で、恋人を作るどころではというのは言い訳ですね。

このご時世、脛をかじりたいのが1/3,イケダハヤトさんみたいに田舎暮らししたいのが1/3,クルマがいらない都会(ココ重要)に行きたいのが1/3です。

女性関係については、お察しください。