The ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

【就活生・転職者必見】主催者別に見た合同企業説明会のメリット・デメリット

笹史(@sasashi1992)です。就活生の皆さんは、合同企業説明会というものに行かれているor行ったことが有る方も多いと思います。あるいは転職を考えておられる方でも、合同企業説明会に行かれる方も多いでしょう。

そのような方向けに、新卒&中途転職2回(2回目は現在進行形)の私が合同企業説明会の攻略法について主催者別に攻略法を書いていきます。

 

1.就職支援の企業主催の合同企業説明会

就職支援の企業と言われても、すぐにぱっと浮かばない方もいるでしょうが(特に新卒の就職活動で)皆さんがお世話になるリクナビマイナビを運営しているリクルートマイナビの主催している説明会と言えばわかりやすいでしょうか。

f:id:sasashi:20161111231926j:plain

f:id:sasashi:20161111232019j:plain

イベントの具体例はコチラから

job.mynavi.jp

 

就職支援の企業の主催の合同企業説明会のメリット,デメリットとしては

メリット

①:有名企業の参加が多いという点・・・特に早い時期の合同企業説明会ですと、普通に有名企業が多く来ているのでそれらの企業に興味が有る方にはおススメします。また、転職希望者向けのの説明会でも有名な企業の結構良さそうなポジションの募集が有ったりします。個人的には、DODA主催の説明会が一番有名企業が多い気がします。

②:企業訪問数などによってはプレゼントがもらえる点・・・地味に魅力的です。一番多いパターンが、「事前予約で図書券orクオカード500円分」「訪問社数5社以上でクオカード&図書券500円,もっと訪問で1000円etc」というパターンです。お金のかかる就職活動ですので、プレゼント分で交通費位は賄えると思います。ちなみに私はある就活イベントの抽選で1等を引き当て10万円分の旅行券を当てたことがあります。就活中に旅行に行く余裕もないですし、そもそもぼっちの私に旅行など行く相手もいないので軍資金として換金しましたが。

 

デメリット

①イベントにもよりますが、主催者側の誘導がうっとおしい時がある・・・普通のブース内を歩いていると、就活イベントの主催者側がどういうブースを回るのか干渉してくる場合があります。もっとも就活支援の企業がイベントを開く=商売なので、しっかり就職してもらわないと困るので気持ちは分かりますがね。

②地元中小企業が少ない・・・ある意味メリットの裏返しで、就職支援のイベントに出展するのもお金がかかるのか採用人、数が1人とか2人の地元中小企業は出展しません。

そのような企業に就職したい方は、ハローワークに行くかハローワークや商工会議所といった公的な機関主催の合同企業説明会のほうを勧めます。

 

2.ハローワーク等公的機関主催の合同企業説明会

ハローワークなどの公的機関主催の合同企業説明会です。

f:id:sasashi:20161111234603j:plain

 

メリット

①地元中小企業の出展が多い・・・出展費が安いor無料なのか、地元中小企業のブース出展が多いです。

ただ、中小企業はブラックなので避けるべきという意見もありますが・・・

www.atusi-sora.com

 

②東京・大阪・名古屋といった大都市以外でも開催される・・・地方都市や田舎では、正直就職支援の企業主催の説明会は行われません。地方都市どころか、田舎でもハローワークや商工会議所はあるので地方の就活生でも大都市に行くことなく説明会に行けるのは大きな魅力です。

 

デメリット

①説明会に参加した特典は無い・・・公的機関なので、お金も無いですし何より就職支援の企業みたいに特典で参加者を増やす必要性もないからでしょう。

②大企業は来ない・・・大手企業は大都市にある場合が多い上、例え本社が地方都市に有っても全国に事業所を構えていたりして結局全国から人材を集めたいからですね。

これが地元中小企業ですと、よそ者お断りに近い雰囲気な会社もあります。特に住宅手当などが薄い&ない企業ですと実家から通勤or地元住民しか採用しないという企業も見ます。

 

 

3.まとめ

大都市居住者なら、就職支援の企業主催の説明会&公的機関主催の説明会を興味のある企業のある時に行けばいいかと思います。地方住民は、公的機関主催の説明会で頑張りましょう。

まあ、地方住民でも泊まりで大都市の合同企業説明会に行くのも特に新卒ならアリですが、正直たかが合説ごときでそこまでとも思います。どうせ個別の説明会や選考では都会に泊まり等で行くことになるのですから。

こんな偉そうな記事ばかり書いてないで、私も早く就職せねばですね。

 

ま、下の記事のように就職以外でもお金が稼げれば合同企業説明会に行く必要もありませんがね。

www.atusi-sora.com

大半の人は一時的に無職になろうと就職するので決して無駄な記事では無いでしょう。

 

(1927字)