読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

【ブログ】ブログを毎日更新するメリット・デメリットを語ります【75日連続更新】

ブログ

ブログ連続76日目更新となる笹史(@sasashi1992)です。

本記事記事を書くまでに、ブログ記事の連続更新を2016年10月28日から75日=2か月半連続で続けて参りました。

↓75日連続更新の証拠

f:id:sasashi:20170110220427g:plain

2ヶ月半、1銭もブログでお金を稼いでいる訳でもなくここまで続けてきたなと我ながら感心しております。イケダハヤトさんですと、2か月半どころか何年も毎日複数記事更新しているのでまだまだですが・・

新卒の会社とか、以下のように

「適性のない仕事」に就職すると3ヶ月でクビになります@食品製造 

3ヶ月でクビになったのを考えると会社勤めよりは続きやすいのかなと思えてなりません(笑)

 

とはいえ、ブログを毎日更新し続けるのはメリットばかりではありません。毎日更新を続けることは「継続は力なり」とかよく言われますが、ブログに関してはどうなのかメリット・デメリットを比較してみます。

 お品書き

1.ブログを継続するメリット

A.自信がつく

まずはコレ。75日連続で更新していくろ、「ネタが思いつかない」とか「しんどい」という更新しない言い訳が出てくる日が多々ありますが、それを撥ね退けて内容が薄くてもいいから更新するということを続けていくと、しんどくてもやれるという自信がつきますね。まさに「継続は力なり」というのが当てはまるのではないでしょうか

B.ネタを見つけるように日々の生活が変わる

ブログというのは、ネタが無いと書けません。特に、本ブログのような雑記系ブログはモラルに反しなければ何を(建前上は)書いても良いです。が、何をネタにするのか探してどう書くかという苦労があります。

ブログのネタを探す手段としては、他のブロガーさんが触れているので割愛します。一般人は日々の生活はルーティンになることを強いられますが、そうなるとネタを探す手段を頭で分かっていてもネタは見つかりません。つまり、ネタを見つけるように日々の生活が変えざるを得なくなるのです。

最も、変化を嫌う人にはデメリットですが。

 

2.ブログを継続するデメリット

では、ブログを毎日更新することによるデメリットは何でしょうか。

A.ブログ記事が毎日更新を優先するあまりゴミ記事を生み出しやすい

個人的なデメリットはコレですね。

例えばネタが思いつかないときに書いた

sasashi0526.hateblo.jp

のようなゴミ記事を量産することが有りました。毎日更新にこだわらないなら、こういう日は更新を見送ることになるのですが、毎日更新ですと何が何でも記事を書かないといけないので上のような記事を書くことになります。

これとか、見てると頷けまくりますね。

hatena.aaafrog.com

 

B.インプットするための時間が減る(1月14日追記)

一般人は、「書」or「街」からインプットを得るものですがただでさえ給料をもらうための仕事で8時間以上取られるのに加えて、ブログを始めると外出する時間や読書をする時間がブログ作業時間で無くなります。そうなると、インプットする時間が無くなりブログがネタ切れを起こすという状況に至ります。

参考記事:「書を捨てよ、街に出ろ」というけれど・・という話

 

基本的に仕事のことはブログネタには出来ないので、8時間(以上)≒給与をもらうための時間,ブログ更新≒アウトプットをこなした上でブログネタのインプットを行うことになりますね。

 

3.で、お前はブログを毎日更新をどう思うのか?

 ブログの更新を毎日続けることですが、私はメリット・デメリットを比較したうえで100日までは続けたいと思います。

理由は、「継続は力なり」という言葉にもあるように会社をすぐ辞めてしまう自分を変えるという修行的な役割が大きいです。

とはいえ、これから社畜として働くとなると、さすがに会社の仕事についていかないと親の目も何より金銭面でもヤバいのでブログに構っている場合が無くなるうります。

となると、更新頻度を落とす可能性はありますが、なるべく時間を確保したり、週末の複数投稿したりと工夫して乗り切りたいと思います!

 

(1683字)