読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の社会派ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

GATBという職業検査を受けてみた~就活お役立ち情報~

働くにあたって、貴方の能力が分かりますってやつです。

f:id:sasashi:20170126210046j:plain

はいどうも、既卒就活生の笹史(@sasashi1992)です!

先日、就職活動の一環でGATBという名の職業適性検査を受けてきました。隣町のハローワークでイベントの一環で10人くらいの集団で受けてきたのですが、心理テスト的なものかなと思っていたのが思ったよりがっつり能力測定でした。このテストは、私のような就活で適性の分からない人だけでなく、就職試験にも使われるのでGATBの概要と受験記を書いてくことにします。

お品書き

 

 

1.そもそも、GATBとは何?

 厚生労働省主催で行っている職業適性検査の一種で、問題作成などを引き受けている一般社団法人 雇用問題研究会によりますと、

厚生労働省編 一般職業適性検査(通称GATB:General Aptitude Test Battery)は、多様な職業分野で仕事をする上で必要とされる代表的な9種の能力(適性能)を測定することにより、個人の理解や適職領域の探索等、望ましい職業選択を行うための情報を提供することを目的として作成されたものです。

 というものです。要は、様々な職業がある中でどのような職業が相応しいのかを意欲ではなく9つの能力的に、11個の試験で測定することで判定するテストです。

 

9つの能力は、次の通りです。能力測定のために、紙を使うテストと器具を使うテストがありますが、F-(指先の器用さ)およびM-(手腕の器用さ)は器具を使うテストで測定できる能力です。しかし、器具を使用するテストは今回の試験では行わなかったので上7つの能力を測定した形になります。

G-知的能力[General Intelligence]
説明・教示や諸原理・諸概念を理解したり、推理し、判断したりする能力。一般的な学習力。
V-言語能力[Verbal Aptitude
言語相互の関係および文章や句の意味を理解し、それを有効に使いこなす能力。
N-数理能力[Numerical Aptitude
計算を正確に速く行うとともに、応用問題を解き、推論する能力。
Q-書記的知覚[Clerical Perception]
(Color(色)の「C」と混同しないよう、読み「クラリカル」にあてて「Q(ク)」を使用した。)
文字や数字を直感的に見分け、違いを見つけ、校正する能力。文字や数字に限らず、対象をすばやく知覚する能力。
S-空間判断力[Spatial Aptitude
立体形を理解したり、平面図から立体を想像したり、考えたりする能力。物体間の位置関係とその変化を正しく理解する能力。
P-形態知覚[Form Perception]
(F-指先の器用さの「F」と区別するため「Perception」の「P」をあてた。)
物体あるいは図形を見比べて、その形や陰影、線の太さや長さなど細かい差異を正確に見分ける能力。
K-運動共応[Motor Coordination]
(M-手腕の器用さの「M」と区別するため「Kinetic(動的な)」の「K」をあてた。)
データ入力等、眼で見ながら、手で迅速な運動を正しくコントロールする能力。

F-指先の器用さ[Finger Dexterity]
組立作業などに必要な指先の器用さ。小さいものを巧みに取り扱う能力。
M-手腕の器用さ[Manual Dexterity]
ハンドルやレバーを巧みに操作するなど、物を取り上げたり、定められた位置関係で正確にすばやく持ち替えたりするなどの、手腕や手首を巧みに動かす能力。

厚生労働省編一般職業適性検査[進路指導・職業指導用] | 一般社団法人 雇用問題研究会

  

 大体、試験は1時間程度で、自己採点を含めますと2時間強から2時間半くらいかかります。採点に簡易な結果は分かりますが、詳しい分析結果は後日もらう必要が有ります・・ 2月最初に隣町まで結果を貰う&フィードバックの為だけに、30分かけて電車に乗っていかねばならない。。

 

 1時間弱で11個の検査なので考える暇もなく、スピードよくやらないといけないのが注意点です。検査の問題は非常に簡単で、時間をかければ誰でもできる問題ばかりですが。

 

2.GATB受験体験記

 先日の午後1:30より駅前のビルで、開催されるので行ってきました。席とかは決まっていて、10人程度の集団受験でした。

 

 1:30から受験の準備をして、後はテープレコーダーで受験の指示が淡々とされテクノでそれに従っていく感じです。検査前には必ず練習問題がありますので、やり方が分からないということは無いはずです。というか、やり方で戸惑うとあっという間に「やめ。鉛筆を置いてください」で次の検査に行くので、低得点確定です。完答するのは時間的に厳しく、自分は、完答できた検査は11個中1つでした。分る分からないというよりもスピードよくどれだけ回答できるかを見る試験なので、完答できないのを前提に試験を作っていると思われます。

  

集団受験ということでしきりに言われたのが、うるさくしないということです。集中力が問われるので、集中できないと致命的なので・・ まあ、試験前に声を挙げていた方もいましたが(もちろん私ではない)。

 

試験終了後は、自己採点→点数換算で職業別に必要な点数的な紙を渡されて終了。点数が高いほど、たくさんの仕事に向いているという判定になりますので、集中しつつリラックスして受けましょう。

 

来週に、受験結果の詳細を取りに行きます。面倒だ・・

 

(2259字)