The ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

【就活生向け】採用ホームページより就活に役立つページを紹介する!

大学3年生および修士1年生で就職活動する皆さん、企業の採用ホームページは社名以外嘘ですよ。

 

f:id:sasashi:20170310201802g:plain

就活の経験日数なら同年代でトップクラスの笹史(@sasashi1992)です! 2018年3月卒業の大学生および院生の就職活動が本格化してくる頃ですが、企業を決めるに当たっては企業の採用ホームページを見たり合同説明会に行かれる方が大半だと思います。

 

はっきり言います。説明会の話(特に大規模合説)とか採用ホームページの話は社名以外嘘と思った方が良いですね。採用活動中に社名変更とかなりますと、社名すら嘘となりますが。私も含めて企業の採用ホームページや説明会の話を聞いていてもどの企業も魅力的に見えがちで、場合によっては企業に『恋』をする学生も多くいると聞きます。

 

企業に恋をした学生の4月の生活はコチラ

f:id:sasashi:20170307230214j:plain

 

そして採用者サイド→『採用ミス』と経営者から責められることになります

f:id:sasashi:20170307222320j:plain

 

そのような悲劇を防ぐために、本当の就職活動,企業で働くということが分かるホームページを幾つか紹介します!

 お品書き

 1.お前ら、社畜で人生楽しいか?

本ブログで幾度となく登場しております。コンセプトは、「ブラック企業と戦う術が「ここ」にあるッ!!」というものでブラック企業批判がメインコンテンツとなっております。私と違い、10年間の労働基準法違反のブラック企業生活を送ってきただけあってブラック企業批判が生々しいと言えます。

 

管理人は、現在アマチュア株投資家およびブログの収益で生活しているそうで、労働の価値が減少する中、会社で働くということ自体に疑問を持っております。

現代の労働力は過剰で価値は無い!就労脱出を考えるべき! | お前ら、社畜で人生楽しいか?

 

今回は、就活生に特に読んでほしい就職活動に役立つ記事を幾つか紹介します。

就活生が絶対に警戒すべき4つの企業の募集要項を書いてみる! | お前ら、社畜で人生楽しいか?

⇒まずはコレ。就職活動の採用ホームページなどに募集要項が掲載されておりますが、募集要項の書き方でブラック企業が見えてくるという記事です。この記事で該当することが募集要項に描かれている場合、あえてブラック企業に行きたい場合を除いて応募は辞めるべきです。

 

面接や説明会でのNG質問集がブラック企業の援護としか思えない件 | お前ら、社畜で人生楽しいか?

⇒本記事のNG質問はとにかくどこの企業でもいいので採用されたい場合以外は、むしろドンドンするべき質問でしょう。

 

介護士に将来性を求めて就職するのは期待はずれな理由を語る! | お前ら、社畜で人生楽しいか?

⇒大卒向けの説明会、特に就活中盤やレベルの低い大学では介護業界の事業所が多く来ます。しかし、そこには罠があるという記事です。元介護士だけあって説得力が抜群です。

 

転職者や現役で働いている人向けの記事も合わせますと、200以上のブラック企業批判の記事が有るので、合説に1日行く時間があれば全記事目を通してみてはいかがでしょうか。そうすれば、ブラック企業入社率を大幅に下げられます。

 

2.無能の就活。

ブラック企業の恐ろしさが分かったところで、真っ当な企業に採用されなければどうにもなりません。場合によってはブラックしか行き先が無くても入社せざるを得なくなり、このような研修を強いられる企業送りとなります。

f:id:sasashi:20170307230104j:plain

 

しかし、ブラック企業に入るのは大半が凡人学生です(電通のようなのは例外なので広く報道されたとも言えます)。そのような凡人学生が真っ当な企業に内定するための戦略が載っています。最近では就活戦略のコンテンツをあらかた書き終えた感もありますが、就職戦略をもっと知りたいと感じた方は

 ブログ管理人著の『凡人完全マニュアル』を購入されることを勧めます

凡人内定完全マニュアル

凡人内定完全マニュアル

 

 

3.今日は社畜祭りだぞ!

どちらかというと、就職後向けかも。「文章を書くのが好きで会社が嫌いなのが特徴。ブラック企業、絶対に許さねぇ……!」という管理人ヒトデさんが社畜として苦しむ?の体験談などを掲載しております。就職活動時には関係ないブログですが、企業に恋っしなくなるという観点では今後期待できるコンテンツですね。

 

ヒトデ氏のメインコンテンツはコチラ。


 

とりあえず、就職活動で採用ホームページより見るべきホームページというか、ブログは以上ですね。後は、就職活動が嫌になってニートとか言い出さないことを祈ります。

 

(1884字)