The ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

「けものフレンズ~ようこそジャパリパークへ!~」感想

けものフレンズようこそジャパリパークへ!~」について語っていきたいと思います。

f:id:sasashi:20170702215227j:plain

本作はジャパリパークというフレンズの動物園的な場所に採用された新人飼育係「菜々」がフレンズたちと交流していく1話完結型の作品で2巻まで出ています(ちなみに最終回済み)。

しかし、アニメとかアプリ版(プレイしてないですが)とはとことん別物ですね…

以前の記事で紹介した、公式アンソロジーの方が元キャラを尊重しているのは気のせいではないでしょう。

 お品書き

 ~総評~

まあ、一言で言えば「こんな世界観もあるんだな」という位の作品ですね。駄作とまでは言えないものの、「けものフレンズファンなら読んで損が無い」とは言い切れないですね。けものフレンズ自体がメディアミックス作品なので、アプリ版やアニメ版と設定が整合性が取れないのは某スクールアイドル某バンド作品と同じなので割り切るしかないのでしょう... メディアミックス系の作品に設定の整合性や長大なシナリオを期待するなということでしょう。

 

 

本作の良いところ

という訳で、この作品はそこまで良作という訳ではなく、アニメに合わせて数巻刊行されたアンソロジーの方が全般的に評価も高いわけですが、全く見どころのない駄作ではありません。

 

良いところというか見どころとしては、「人間社会の現実をフレンズに持ち込めばどうなるか?」というところです。社会見学と称してコンビニに行ったり、受験勉強するフレンズが登場したりと...  この点は他媒体には見られない特徴で、新鮮でよかったかなと。

 

 

 

(926字)