The ブログ

目指せ!新世代の社会派ブロガー!

「社畜」不適合者が「結婚」してはいけない理由を独身者が語る!

結婚は、社畜への片道ルートですね・・・

f:id:sasashi:20161219200348p:plain

はいどうも、社畜不適合者の笹史(@sasashi1992)です!

結婚していると家族の目とか金銭面が心配で、たとえブラック企業でも会社って辞めにくくないですか?

ま、現在独身、今後も一生独身予定の私には関係ないことですがね。実家暮らしなので、無職である私への両親の目は勿論気になりますが・・・

結婚していると会社が辞めにくい=「社畜」への一里塚であるので、結婚すればフリーランスで一流クラスになれる能力がない限り「社畜」人生を定年、いや定年後も強いられる羽目になります。

この生き方は「社畜」として適応できる人(それはそれで地獄ですが)はまだいいですが、私のように2社も離職してしまうような「社畜」に向いてない人が結婚して、「社畜」を強いられると本当に地獄です。「過労死」とか「リストラ」に人一倍遭いやすいタイプなんじゃないですかね?

そういう訳で、今回は「社畜」不適合者が「結婚」してはいけない理由について語ります。

 

 

お品書き

独身者が 会社で「結婚しないのか?」と言われる真の理由

独身の皆さんで、ある程度の年齢になりますと会社の上司や先輩から「結婚しないのか?」と言われたことが有る人もいるでしょう。

私は、2番目の会社の設計事務所のCADオペレーターを務めていたときに言われたのですが、「結婚するつもりは有りません」と答えると、「向上心があるのか」と説教されました。

最近では、特に女性社員に対して「結婚しないのか?」というのはセクハラとされるので控えられたりしますが・・・

とはいえ、この質問の真意はセクハラをしたいわけでは無く、むしろ会社サイドの狙いは別の所にあります。

特に男性社員に「結婚しないのか?」という質問は、「結婚して、過労死orリストラされるまで社畜として奴隷になる気はあるのか?」という狙いがあります。

例えば、Atusi@ソラノカケラさんのお前ら、社畜で人生楽しいか?の、

結婚すると出世が出来るという裏の意味を教える!において

結婚を行うと出世がしやすいという話があります
私は結婚したり出世したりしたわけではありませんが、どこの職場でも「結婚も出来ないような奴は出世させられない」という事を言ってるのを聞いたことがあるので間違いでは無いんじゃないでしょうか?
しかし、この結婚を行うことで出世というのは一見すると名誉のように思いますが、ちょっと冷静に立ち止まって考えると、都合よく利用されているだけということが分かります

 と結婚することで出世がしやすくなるということが言及されています。しかし、Atusi@ソラノカケラさんによると出世とは決してめでたい事ではなく

私は、今の日本では労働力と賃金は正当な比例を行うとは思っていません

社畜をやってて思ったのが、一番労力に見合った代価だと感じるのは平社員で、仕事や責任は減らせば減らすほど割に合う給料になると私は実感しました
出世というのは、世間では名誉と思われているみたいですが、実際は仕事量と責任が増大するのに、給料として反映されるのは数%程度 
一つ位が上がったとしても給料が倍になるどころか10%も増えたら多いほうじゃないでしょうか?
私が思うに、出世と言うのもは適当におだてて気分を良くさせて、金は払わず負荷を増大させるだけの最低なモノだと考えています

 と出世とは責任だけ大きくなり、ろくに報酬もない最低なものであるということです。つまり、出世=社畜化以外の何物でもないと言えるでしょう。

昔の銀行とかですと、総合職の男性とそのお嫁さん候補の一般職の女性で職場結婚とかして、女性側が寿退社するとかいう話を聞いたことがありますが、あれも一種の「結婚」で男性側が年功序列&終身雇用という鞭を使いつつ「社畜」としてこき使うための方策だったのでしょう。

社畜」に向いてない人が「結婚」するとどうなるのか?

 では、「社畜」に向いてない人が「結婚」するとどうなるのでしょうか?

社畜」に向いてないというのも主観的でしょうが、職を転々とする人はまず「社畜」適性は皆無と言えるでしょう。後は、会社で窓際族的な人もでしょうか・・・

そういう人が、「結婚」するとどうなるかについて書いていきます。

向いてない「社畜」として働くと、仕事でも結果が残せないので、上司には怒られ給料も上がらないので家族からは「甲斐性なし」と罵られ家族不和になります。となると、ストレスが溜まりアルコール・ギャンブル依存症となるか、過労死するかという末路になりかねません。かといって、職を転々とすると、妻からは「あんた生活はどうするの?」と罵倒され離婚という道に陥りかねません。私の父も職を転々としていますが、離婚はされてないですので妻次第とも言えますが・・・

社畜」には向いてなくとも、フリーランスの方が才能があると自分の道を見出しても家族の反対で「社畜」を継続せざるおえないということもありうります。

Atusi@ソラノカケラさんも、先述の記事

プライベートでもあまり良く思わないのに、仕事面でもデメリットが発生すると思うと、もう結婚とは何のためにするか分かりません
これを行うことで見えない重圧にガチガチに縛られ、企業に都合よく使われるようになると思うと耐えれません

現在の株ニートっぷりも、独り身だからこそどうにかなるけど、結婚して他の人を養うとなるとまず無理
社畜だろうが独立して稼ごうが仕事量を増やさないといけなくなるという時点で相当のマイナスです

 結婚すると、現在の生活の株ニートができなくなると結婚に否定的な考え方を示しております。

結婚以前に彼女ですら重荷であります

結婚の前段階で一般的なのが、彼女を作ることですが、「彼女」という存在ですら重荷でしかありません。

過去記事の、

「いらないこと」リスト~彼女なんて要らないもん!~

24歳、彼女無しが彼女・彼氏を作るメリットを論破する件 

において彼女の素晴らしさを論破しまくっている私からすれば、彼女に使う費用なんてパチンコや競馬でスルのと同じにしか感じられません。夜のお店の方が効果が確実な分だけ、まだコスパが良いです(行く気は有りませんが・・・)

デートするくらいなら、ブログネタ作りや読書に金も時間も費やしたいですね!

 

終わりに:会社でされる会話の真意を見抜け

会社でなされる会話で特に上司からされる物に関しては、「結婚しないのか?」という質問に限らず罠が仕掛けられております。決して、「結婚しないのか?」という質問も「結婚がどうこう」ということを聞きたいのではありません。社畜として奴隷になる覚悟はあるのか?」というのが真意です。会社は友達でも仲間もありません。お互いに出し抜くサバイバル現場で、出し抜かれると「社畜」としてこき使われますので要注意ですね。

 

くれぐれも、会社で本音を言ってはいけません。会社の質問で本音で答える人はそれはそれで、職をすぐ転々とするのとは別の意味で「社畜」不適合者なので結婚してはいけません。

参考記事:一般人は「本音で生きるな!」~「将来どうなりたいですか?」という質問は超愚問~ - 

 

以上!

(2926字)